ジェンダーイクオリティが加速する! 【ニューヨーク発、最新EC事情〜プライド月間編〜】



夏らしい気候とワクチンの普及により、ニューヨークはすっかり新型コロナウイルスのパンデミック前の様子を取り戻しつつあります。6月15日にはニューヨークのアンドリュー・クオモ知事がCOVID-19に関するあらゆる制限を解除すると発表し、事実上の経済再開を果たしました。パンデミックが起こった当初は世界的にも震源地として甚大な被害を被ったニューヨークも、たった一年足らずでここまでの復活劇を遂げるとは、さすが世界を牽引する都市だなと感じる次第です。
6月のプライド月間はニューヨークの街並みもレインボーカラーに彩られています。34丁目にあるメイシーズのファサードもレインボーカラーのスパンコールで装飾され、エンパイアステートビルやワン・ワールドトレードセンターもレインボーカラーにライトアップされるなどしてプライド月間を祝しています。毎年5番外を皮切りにスタートする「NYC Pride」は大規模なプライド月間のパレードとしても知られるほど、ニューヨークはLGBTQコミュニティへの理解がある都市。LGBTQに対する反体制が強い社会の風潮の中、1969年にはマンハッタンのグリニッジビレッジにあるゲイバー「ストーンウォール」に押し入った警官に同性愛者らが初めて抵抗した事件が起こったのもニューヨークでした。現在ではニューヨーク市がLGBTQオーナーのビジネスをマイノリティと定め、コンサルティング、メンターシップ、教育プログラムなどへのアクセスを支援するほか、市として数十億円をマイノリティビジネスへのサポートに充てています。ニューヨークを筆頭に、アメリカは国としてもLGBTQライツの先進国。年々盛り上がるプライド月間、社会はどのようにLGBTQのコミュニティに向き合っているのでしょうか。

Shopify(ショッピファイ)の公式サイトの記事はこちら

Shopify(ショッピファイ)について

世界シェアNo.1の全世界で100万店舗以上で利用されているネットショップ構築サービスです。