毎日がアースデーでありたい【ニューヨーク発、最新EC事情〜サステナブルなアクション編〜】



1970年4月22日にアメリカで第一回目のアースデーがスタートしました。今年も4月22日にはアースデー2021を迎え、さまざまな企業やブランド、自治体がサステナブルな取り組みを行なっています。SNSでもアースデーを目がけて地球温暖化防止や水質改善など、地球環境にフォーカスをした投稿が例年よりも目立ったように思えます。近年ではサステナブルという言葉を聞かない日はなく、地球環境を無視したサービスを行う企業の商品は不買運動に繋がるほど、消費者も環境問題に敏感になっています。
グレタ・トゥーンベリさんがニューヨークの国連本部で行われた「気候変動サミット」で大人たちへ向け力強く地球温暖化対策について訴えた記憶に残るスピーチは2019年9月のこと。あれから地球環境へ警鐘を鳴らす情報がメディアを通じて頻繁に目にするようになったように思われます。さらには新型コロナウイルスによる長期的なステイホームによって地球温暖化に関して「本当にこのままではやばいのではないか」と個人レベルで感じるようになったに違いありません。グレタさんは今年、4月22日のアースデーに

Shopify(ショッピファイ)の公式サイトの記事はこちら

Shopify(ショッピファイ)について

世界シェアNo.1の全世界で100万店舗以上で利用されているネットショップ構築サービスです。