既製-オンラインマーケティングのWordPressテーマ

LIVE PREVIEWBUY FOR $39


WordPressテーマのペ紹介ージはこちら

ない WordPress 5.5.x +と互換性があります

既成のオンラインマーケティングのテーマ-ランディングページ、オンラインマーケティング、製品のランディングページ

ない WordPress 5.5.x +と互換性があります

変換するように設計されたOffthe Shelfは、WordPressの最も強力な多目的マーケティングテーマです。

柔軟性が高く、高速で効率的で、完全にカスタマイズ可能で、専門家によるサポート:大胆でコンバージョンに最適化されたランディングページ、洗練されたモダンなブログ、魅力的なオンラインストアなど、ビジネスを運営するためのオンラインマーケティングは、既成のものだけです。優れた結果をもたらし、コンバージョンを促進するWebサイトを作成する必要があるテーマです。

大胆な製品のランディングページで単一の製品を販売したり、オンラインショップを構築したり、オンラインでサービスを提供したりできます。既成の製品があなたの背中になります。 独自の機能と美しくデザインされたテンプレートを備えた、WordPressの最も強力なオンラインマーケティングテーマです。

既成-オンラインマーケティングのテーマ

見事な、ユニークなデザイン、すべてが強力なテーマに組み込まれています。

1つのサイトで複数のデザインを使用できます。 各製品をスタイリッシュに提示し、すべての電子書籍に個別のメニューとデザインを備えた独自のミニサイトを提供し、WooCommerceストアの各製品カテゴリに独自の外観を割り当てます。可能性は無限大です。

既成-オンラインマーケティングのテーマ

あらゆる目的のためのデモテンプレート!

定期的に追加しています 新しいランディングページのデモテンプレート –作成済みのページを失うことなく、また不要なページやリソースでサイトをスパムすることなく、それらを1つずつ試す(または一度にすべて使用する)ことができます。

電子書籍、さまざまなアプリストア向けのモバイルアプリ、ダウンロード可能な音楽-WooCommerceを使用した単一の製品または製品の全範囲。 現代のビジネスや企業のウェブサイト、個人のブログ:既成のWordPressテーマは、あなたが必要とする唯一のテーマです。

既成-オンラインマーケティングのテーマ

既成のカスタマーレビュー

既成-オンラインマーケティングのWordPressテーマ

WordPressの既成品を購入する

完全な機能の概要:

無制限のレイアウトオプション
  • ドラッグアンドドロップページビルダー –コーディングする必要はありません。 重要なことに焦点を当て、スリムで使いやすいドラッグアンドドロップページビルダーを使用してWebサイト全体を作成します(SiteOriginのページビルダー、100万人のアクティブユーザーがWordPress.orgで最も人気があり最も評価の高いページビルダープラグインの1つです)
  • 無制限のページレイアウトオプション –統合されたページビルダーサポートを介して、視覚的に好きなレイアウトを作成します
  • 強力な管理パネル – WordPressとシームレスに統合され、プロジェクトを完全に制御できる、軽量で直感的な管理パネル!
  • フレキシブルバナーシステム –好きな場所にバナーを作成して含めます! ((ビデオを見る
  • 高度なブログレイアウトオプション –ブログを表示するために、最小限から石積みまで、5つの異なるレイアウトから選択します。誰にとっても何かがあります。
  • さまざまなヘッダースタイル –透明、粘着性、任意の色、ツールバーの有無にかかわらず、あなたが決めます!
  • 高度なプロファイル機能 –プロファイルを使用して、ミニサイトを作成したり、ブログやWooCommerceストアを他のサイトとは異なって見せたり、すべてのページに独自の外観を与えたりします。 ((ビデオを見る
どのデバイスでも見栄えがします
  • 100%応答性と網膜対応 –既成品は、非常にクリアなグラフィックであらゆる画面サイズに美しく適応します。 モバイル、タブレット、デスクトップPCのいずれであっても、Webサイトは見事に見えます。
  • 無制限のカラーオプション –ページ、行、列、リンク、テキストに必要な色を選択します
  • 700以上のGoogleWebfonts –サポートされているすべてのスタイルとサブセット
  • Font Awesome580 +アイコン –色、サイズ、位置をカスタマイズできるFontAwesomeの580以上のスケーラブルなベクターアイコンを使用する
  • クロスブラウザの互換性 –既成品は、最高のブラウジング体験のためにすべての一般的なブラウザでテストされています。
必要なすべてのビルディングブロック
  • 30以上のカスタムレスポンシブウィジェット –行動を促すフレーズの要素、価格表、画像ギャラリー、ソーシャル要素、Googleマップ、画像スライダー、アイコンなど
  • モーダルウィンドウ –モーダルウィンドウを簡単に作成し、行動を促すフレーズの要素で接続します
  • ビデオサポート –ビデオのURLをコピーするだけで、YouTubeまたはVimeoのビデオをページに含める
  • アニメーション – 75以上の異なるアニメーションを使用して、ボタン、テキスト、画像、または任意のテーマウィジェットをアニメーション化します。 コンテンツをフェードイン、バウンス、フラッシュ、シェイク、スライドさせて、訪問者の注意を引き付けましょう!
  • 視差の背景 –視差効果のように? この用途の広い効果を、何度でも作成する行に含めてください。
数分以内に始めましょう
  • インストールが非常に簡単 –テーマのインストールは簡単です。 限目。
  • 含まれているすべてのランディングページのデモ –テーマには、変換テスト済みで簡単に機能する、美しく細工された強力なランディングページテンプレートが付属しています。 そして、私たちは新しいテンプレートを追加し続けます!
  • すべてのランディングページのデモを数秒でインストールします –サイトをデモテンプレートの1つに見せたいですか? すべてのデモは、数秒以内に個別にインストールできます。
    ((ビデオを見る
検索エンジンフレンドリーでSEO最適化

既成のものは、コンテンツを最初に念頭に置いて作成され、クリーンなコード、完全に索引付け可能、そして意味のあるリンク構造です。 このテーマは、YoastSEOなどの人気のあるSEOプラグインでうまく機能します。 検索エンジンはあなたの新しいプロジェクトを気に入るはずです!

未来への準備
  • SEOのベストプラクティス –コンテンツファースト、クリーンなコード、完全にインデックス化可能で意味のあるリンク構造により、このテーマを検索エンジンで使用できるようにします
  • セマンティックコード、HTML5、CSS3 –実際に意味のあるクリーンなコード
  • 絶え間ない更新 –既成品は常に改善されており、定期的に新しい機能を追加しています
  • 子テーマ対応 –開発をスピードアップし、既成のものは子テーマの準備ができています!
あなたが愛するツールとうまく機能します

オンラインマーケティングのテーマ

  • WooCommerce – 1つの製品、さまざまな製品、仮想または物理を販売しているかどうかにかかわらず、WebサイトをOff theShelfとWooCommerceを備えたフル機能のオンラインショップに変えます
  • MailChimpとAweberのサポート –最も人気のあるEメールマーケティングツールをプロジェクトに統合する
  • YoastによるWordPressSEO –WordPress用の最も人気のあるSEOプラグインの1つと連携します
  • グラビティフォームとコンタクトフォーム7 –最も人気のあるフォームソリューションを統合する
  • WPML –Webサイトをさまざまな言語に翻訳して表示する
  • メタスライダーとスライダーレボリューション – Off the Shelfを使用すると、最も人気のある2つのスライダープラグインを使用できます。 MetaスライダーとRevolutionスライダーは、どちらもOff theShelfでサポートされています。
  • グーグルアナリティクス –オーディエンスの全体像を把握し、何が変換され、何が変換されないかを確認します。既成品では、カスタムトラッキングコードをグローバルに、または個々の投稿やページに追加できます。

WordPressの既成品を購入する

既成-オンラインマーケティングのテーマ

既成のアップデート–オンラインマーケティングのWordPressテーマ

(Excerpt of the change log)
==> Version 1.6.0 (2018-03-13) 
- Fixed: Colour and font selector buttons not rendered correctly
- Fixed: WooCommerce product links (detail icon) point to invalid URL and "out of stock" icon has invalid label
- Fixed: WooCommerce templates out of date & display issues

==> Version 1.5.6 (2017-08-22) 
- Bug: Fixed issue with OtS Icon Block widget preventing description from being saved in WP 4.8.x

==> Version 1.5.5 (2017-06-20) 
- Bug: Fixed menu issue that displayed mobile menu button even if menu was selected to be hidden
- New Feature: Added option to globally disable parallax effect

==> Version 1.5.2 (2017-05-25) 
- Fixed page builder bug causing rendering issues after plug-in update

==> Version 1.5.0 (2017-04-20) 
- Updated: compatibility with WooCommerce 3.0.x
- Various minor bug fixes

==> Version 1.4.5 (2016-09-29) 
Improvements:
- Updated user manual, added tutorials
- Improved WooCommerce styling for checkout tables

Bugs fixed:
- Some list elements did not render as designed
- Compatibility fixes for 

==> Version 1.4.0 (2016-08-20) 
Improvements:
- Updated WooCommerce templates

Bugs fixed:
- Fixed caching issues affecting some users
- Fixed bug in icon block widget which opened all links in a new window

==> Version 1.3.0 (2016-06-11) 
Updates:
- Core Feature Pack plug-in updated

Improvements:
- Theme options now allow to select post types that should support page builder
- Template import tool now imports images individually to reduce resource use

Bugs fixed:
- Various small compatibility fixes
- Category banners using page builder with more than one column were not correctly rendered 

==> Version 1.2.3 (2016-05-06) 
Bugs fixed:
- Icon list items showed default list style symbol behind selected icon

Improvements:
- Portfolio Item widget now allows for selection of thumbnail size.
- Improvements to template installer

==> Version 1.2.2 (2016-04-03) 
Bugs fixed:
- Fixed minor layout issue connected to tablet/mobile device width.

==> Version 1.2.1 (2016-03-30) 
Bugs fixed:
- Spacing issues introduced with version 1.2.0.

==> Version 1.2.0 (2016-03-29) 
New Features:
- Added main menu alignment options

Improvements:
- Improved how images are added in widgets, and added preview
- oEmbed behaviour for grid views revised
- Added option to open link in new window to OtS call to action block widget
- Twitter share buttons in blog posts now include post title
- WooCommerce templates and CSS updated
- Adjustments for responsive image feature
- Added option to apply font styles to default button style

Bugs fixed:
- Unordered and ordered lists lacked styling in widget content
- Breadcrumb order differed from selection in theme options panel
- Hand-crafted excerpts were not rendered
- Gravity Forms widget rendered title, even if hidden in options
- Removed page builder plug-in error messages in debug mode
- Social sharing icons container was displayed even if no social icons or tags were enabled
- blog-layout-* classes were rendered even when not required
- Fixed broken image for loading indicator in stylesheet
- OtS Icon Block widget did not escape description as expected

==> Version 1.1.1 (2016-01-01) 
Bugs fixed:
- Addressed a compatibility issue concerning SO PageBuilder Widgets Bundle plug-in

Improvements:
- Added 2 new starter template packages to the theme

==> Version 1.1.0 (2015-12-28) 
Bugs fixed:
- WP 4.4: Comment fields not in correct order
- Blog posts using the page builder rendered wrong content and did not use Page Buidler output
- Hide on desktop did not work

New Features:
- Added smooth scrolling and anchor link support
- Button styles are imported with landing page packages

==> Version 1.0.9 (2015-12-07) 
Bugs Fixed:
- Fixed: One-column rows lacked padding/margins applied to multi-column rows
- Fixed: Password protection did not work for pages built with page builder
- Fixed: Buttons were rendered as plain text if no URL present

New Feature:
- Added option to re-import default theme options

Improvements:
- Added explanatory text to footer and sub footer, header and sub header options
- Added explanatory hint to header text/link colour options pointing to banner settings for transparent headers
- Added limited HTML support to all widgets that output user-entered text

==> Version 1.0.8 (2015-11-18) 
Bugs Fixed:
- Some page builder widgets did not save all settings when used in sidebar

New Features:
- Added quick edit toolbar to access banner and profile editors from the page editor

==> Version 1.0.7 (2015-11-16) 
Bugs Fixed:
- Added additional repository checks to prevent uncaught errors in installation routine.

New Features:
- Added dedicated OtS Gravity Forms widget for better integration of Gravity Forms.

Improvements:
New language files, additional documentation (forms, troubleshooting guide).

==> Version 1.0.6 (2015-11-12) 
Bugs Fixed:
- Class names for widget containers were translated unintentionally
- Divider in header was displayed even if not needed 

==> Version 1.0.5 (2015-11-11) 
Bugs Fixed:
- Theme Options required edit_themes permission, lowered to edit_theme_options
- "Undefined Error" did not provide exact error message from web server
- "Write comment" links were available even if the comment feature was off
- Default profile (if none installed or none active) displayed wrong title
- Bio Block widget did not display all social icons when website etc. were not entered

Improvements:
- Improved labels for 'make default' on imports page and added tooltips
- Added new inline help tooltips to profile options in admin panel

New Features:
- Added option to hide admin toolbar items via filter/constant
- Added option to hide support options as a white-label option for developers
- Added custom language switcher for WPML

==> Version 1.0.4 (2015-11-04) 
- Fixed: Animation duration and delay now applied in ms
- Fixed: Pages not using page builder were not rendered correctly

==> Version 1.0.3 (2015-11-03) 
- Fixed: Title was duplicated in WordPress 4.1+
- Fixed: HTML escaping functions were applied too strictly to custom code
- Fixed: Minor styling issues (widgets)
- Updated: Added additional error messages to update check and installer
- Added: Animations supported for entire rows and individual widgets
- Added: Individual banners can now also be added to single blog posts
* SEO improvements

==> Version 1.0.1 (2015-10-29) 
- Minor bug fix affecting theme settings engine

==> Version 1.0.0 (2015-10-29) 
- Initial Release

ShapingRainをフォローする

テーマフォレストでShapingRainをフォローする
無料サポートを受ける
TwitterでShapingRainをフォローする
FacebookでShapingRainをフォローする

WordPressテーマのペ紹介ージはこちら