Visibility Control for WooCommerce

Visibility Control for WooCommerce




WooCommerceの可視性制御

説明

WooCommerceの可視性制御は、WordPressページの任意の場所で、特定の基準のメッセージ、メニュー、およびコンテンツを非表示にするのに役立ちます。

以下に基づいて、HTML要素、メニュー、およびその他の詳細を表示/非表示にできます。
1.ユーザーによる特定のWooCommerce製品またはバリエーションの購入、または
2.ユーザーがログインまたはログアウトしています。

必要なのは、CSSクラスを要素のdivまたはspanに追加することだけです。 ここで説明されているように:

例:

製品またはバリエーションIDが123の場合

  • 上記の製品を購入したユーザーに要素/メニュー項目を表示するには、次のCSSクラスを追加します。 visible_to_product_123
  • 上記の製品を購入したユーザーから要素/メニュー項目を非表示にするには、次のCSSクラスを追加します。 hidden_​​to_product_123
  • ログインしたユーザーに要素/メニュー項目を表示するには、次のCSSクラスを追加します。 visible_to_logged_in または hidden_​​to_logged_out
  • ログインしたユーザーから要素/メニュー項目を非表示にするには、次のCSSクラスを追加します。 visible_to_logged_out または hidden_​​to_logged_in

将来の開発

この機能への関心に応じて、この機能を実現するために、設定、ショートコード、および/またはグーテンベルクブロックオプションを追加することを決定します。

  • 最終更新日: 6月

  • 有効インストール数: 40歳以上

  • Visibility Control for WooCommerceについて

    WordPressプラグインページはこちら